ウェルナー教本 p55

お、遅い…そして、長い。
(レッスン歴 11ヶ月)

posted by にゃんこ at 20:10| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

Johann Schenk 作曲 「Aria amoroso」

アダージョだが、もっと速くてもいい。3拍子感が出るように。
 最初に盛り上がるところは、1段目の fのところ。
 下のパートが、その前にクレッシェンドで盛り上がって待っているので
 時間たっぷり、たくさん弓を使って弾く。

 後半最初、掛け合いのところ (3段目)。
 同じ旋律が、交代で3回出てくる。
 1回1回落ち着いてしまわないで、前に行く感じで流れる。

 前回の曲よりテンポがゆっくりだし、スタッカートも無いので、
 音の汚さも音程も、前回よりはマシだった。
 然し、相変わらず強弱の差が無くて、のっぺりしたつまらん演奏になっておりますです。
(レッスン歴 10ヶ月)

posted by にゃんこ at 22:43| Comment(0) | その他曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

Johann Hermann Schein 「組曲」 より 「アルマンド」

 スタッカートをもっと出す。
 音の出だしが ぼやけがちになってしまうと、スタッカートの感じが出ないので
 出だしをしっかりひっかけて、弾むように。

 またまた性懲りも無く、「アルマンド」 の録音を載せてみました。
 4の指の音程悪いな〜。

(レッスン歴 10ヶ月)

posted by にゃんこ at 19:37| Comment(0) | その他曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ウェルナー教本 p51 No.9

おまけ合格記念!(笑)

(レッスン歴 9ヶ月)

posted by にゃんこ at 23:54| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

Johann Hermann Schein 「組曲」より「クーラント」

 最初に、一人だけで弾く。
 8分音符、弓を使ってもいいけれど、やりすぎ(笑)
 pは、もっと小さくする。弓先で。静かに。
 3段目、f に入る前にブレスをする。呼吸する時は、オーバーに。
 …そういうのは苦手なのだ!

 曲に入る時、合図を出して合わせる、というのをやってみましょう。
 始まる前にブレスをする。
 何かアクションがつくと、一緒に弾く人にもわかりやすいので、とのこと。

 嫌だなあ。
 何故 合図を出すのが嫌なのか、というと 「はずかしいから」。
 …アホですな。
 でも、どうしてもダメなのだ。できん。
 然し、少人数アンサンブルをやることに決まったのだから、ここらで
 できるようにしておかないと。また弾く場所を失ってしまう!

 で、先生と一緒に弾いたのが ↓こちら。

 …全然できてませんね。
 先生、何処で入って良いのか、全く判別不能だったようです。
 申し訳ありませんでした。
 今後精進します。

 (レッスン歴 8ヶ月)

posted by にゃんこ at 21:12| Comment(0) | その他曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ウェルナー教本 p48

改めて聴いてみると、強弱が全然ついていない。
音程は悪いし、A線はキーキー言っているし。
最後の重音も合っていない。
音程、タイミングともに。もっとritしても良かった。
でも、折角の2重奏なので、記念に(笑)

(レッスン歴 7ヶ月)

posted by にゃんこ at 20:10| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ウェルナー教本 p47

記念すべき(?)初録音。
ウェルナーp47のあれです。

改めて聴いてみると、まだ音程が不安定。
最後に到達した瞬間、気が抜けて 重音がとんでもないことに!!
と 文句を言っていたらきりが無いのですが。

ホームページ上で偉そうなことを書いておいてこれかよ、という感じですが
いいんです!
これから上手くなりますから(笑)
いつか、こんな時もあったんだなあ、と笑える日が来れば良いと思っております。

(レッスン歴 6ヶ月)

posted by にゃんこ at 23:27| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。