2008年04月18日

ウェルナー教本 p75

問題点は多々ありますが、ウェルナーの二重奏の曲が
止まらずに録れたのは久々なので、録音を掲載。
A線のG音の音程が酷すぎる…他も酷いけれど。
そして、相変わらず強弱記号は無視ですか(笑)

posted by にゃんこ at 00:51| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

ウェルナー教本 p65 No.15

 …通して弾いたら、さすがに疲れた。
 自宅での練習では、何処かしら引っかかって止まっていたので。

 どうしても鳴り難い音、というのはある。
 例えば、Fis  (Ges)  とか。しかも、4で押さえないといけないので
 余計に もごもごしやすい。
 そういうところは、極力 クリアに音色を作る。
 右手でも左手でも、ちょっと丁寧に、少し押してあげる感じ。

 練習番号E〜のところも。
 4指で叩くのは疲れるが、ちょっと叩く。
 指だけでなく、腕の重さも一緒に使って。
 腕の重さを指板に乗せる。あまり肘を突っ張らない。
 …と言って、先生がやってみせて下さると、指だけでなく、腕も一緒に動いている。
 これが、以前はどうしてもできなかったが、この課題を通して、少しはできるようになった。
 4の指で押さえるの、以前よりは楽になった気がする。

 …というようなところを注意され、まさかの一発OK。
 ほんとですかい!
 記念に録音を載せちゃいます。
 相変わらず、やっぱりテンポ鈍いです。


posted by にゃんこ at 23:33| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

ウェルナー教本 p61 No.13b

共鳴しないので、音程が取り難い。弾いているうちに、合っているのかわからなくなってくる。
 Fの音が、上ずらないように。
 ピアノと合わせてみる。変ニ長調の和音の中におさまるように。
 調性感を出すように。6小節目、♭の音は低めに、ナチュラルの音は明るめに(高めに)取る。

 練習番号Dのところ、4指で取る音の発音が もっとはっきりすると良い。
 あまり響く音ではないため、もやもやしがちになるので、
 音の変わり目で、発音をはっきりさせるように、左手を叩いて音を出す。
 pだけれど、一つ一つの音の粒がはっきりするように。
 指を下ろす速度を上げれば、クリアに聴こえる。

 練習番号 CやEの、音が細かく動くところ。
 アップボウの時、最後の方で弓が余ってしまう。
 最初の方で弓を使ってあげる。
 最後の方でたくさん使って弓元に戻そうとすると、音がかすれてしまう。
 低い方の音にもう少し深さがあるように、弓の重さもその分かけてあげる。

posted by にゃんこ at 22:33| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ウェルナー教本 p59

最後の重音・その他諸々が、あまりに酷すぎる…
ま、今の時点では これくらいしか弾けませんでした、という記録として。
将来 上手くなったら、笑いのネタにしてやる〜。
それでも、この曲には結構苦労したし、中途半端な上がり方だったので、自分としては
現時点ではかなり泣けるんですが。


posted by にゃんこ at 20:31| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ウェルナー教本 p55

お、遅い…そして、長い。
(レッスン歴 11ヶ月)

posted by にゃんこ at 20:10| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ウェルナー教本 p51 No.9

おまけ合格記念!(笑)

(レッスン歴 9ヶ月)

posted by にゃんこ at 23:54| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

ウェルナー教本 p48

改めて聴いてみると、強弱が全然ついていない。
音程は悪いし、A線はキーキー言っているし。
最後の重音も合っていない。
音程、タイミングともに。もっとritしても良かった。
でも、折角の2重奏なので、記念に(笑)

(レッスン歴 7ヶ月)

posted by にゃんこ at 20:10| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

ウェルナー教本 p47

記念すべき(?)初録音。
ウェルナーp47のあれです。

改めて聴いてみると、まだ音程が不安定。
最後に到達した瞬間、気が抜けて 重音がとんでもないことに!!
と 文句を言っていたらきりが無いのですが。

ホームページ上で偉そうなことを書いておいてこれかよ、という感じですが
いいんです!
これから上手くなりますから(笑)
いつか、こんな時もあったんだなあ、と笑える日が来れば良いと思っております。

(レッスン歴 6ヶ月)

posted by にゃんこ at 23:27| Comment(0) | ウェルナー教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。