2010年11月15日

発表会 バッハ・無伴奏チェロ組曲 第2番・プレリュード

今日はとりあえずこれだけ。
言い訳はまた後日。

↓↓↓言い訳↓↓↓

前の方々が、あまりに上手に弾くので
舞台袖で待ちながら、チェロ先生に 「もう帰りたいです」 と泣き言を言う。
ああああああ、この後弾くの嫌だなあ、と思いつつ、折角練習したことだし
帰らないで弾くことにする。

最初、ゆっくりなテンポで始めたにも関わらず、だんだん速くなっているぞ(笑)
特に、フェルマータの後。
もう、疲れて早く終わりたいのが見え見え(おい)
落ち着きなんて全然なくて、ちゃんと発音できていないのに、焦って
次の音に行っている箇所が幾つもあって、はずかしい。

全体を通して、4指の音程が不安定。
低めにいってしまったので、次は高めに取ったら、高すぎたり。
レッスン時にも注意された 下のA音、結局当たらなかったな。

とらえどころの無い曲のようでいて、気を抜ける箇所が全然無い。
本当に難しくて、色々なことに気をつけるのに忙しく、
緊張している暇が無かったのが救い。
何だか、家で 「本番を想定した通し練習」 をしているような感じで弾ききった。
最後の重音5連発まで、体力が残っていて、本当に良かった
(気力は残っていなかった)。

終わった後、舞台の上で 盛大にため息をつきたい感じ。
袖に戻ったら、チェロ先生やチェロ科の皆様からの 労いの言葉と共に
ヴァイオリン科の方々からも、とてもよかったです、と言っていただけて
嬉しかった。
然し、あまりに疲れていたので、それに対する返事は
「ありがとうございます…疲れました」 だった(最低)。

次回までに体力つけないとなあ。

posted by にゃんこ at 00:44| Comment(6) | その他曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出だしは硬かったけれど終わりに行くほどに乗っていきましたね。パトスが感じられる今までアップした中では一番いい演奏だったと思います。重音(アッコード)の響きがとてもよかったです。
Posted by バッカナール at 2010年11月16日 00:00
すばらしいです。
曲の表情が豊かに出ています。
Posted by SKG at 2010年11月16日 00:59
バッカナールさん、いつもありがとうございます。

最初は少し緊張しましたが、だんだん、弾くのに必死で
緊張している余裕もなくなってきたのが良かったのかもしれません(笑)
最後の重音、大きく外すこともなく、ほっとしました。
今までの録音をずっと聴いてきて下さった
バッカナールさんに、今までで一番、と言っていただけるなんて、本当に嬉しいです。
ありがとうございます!
Posted by にゃんこ at 2010年11月16日 08:26
SKGさん、いつもコメントありがとうございます。

毎回、「ただ弾いているだけ」 な演奏を披露してきましたので
曲の表情が出ている、と言っていただけるのは、初めてといっていいくらいです。
とても嬉しく思いました。ありがとうございます!
Posted by にゃんこ at 2010年11月16日 08:29
いや〜、ドラマチックでした!
感動しました!
さすが、一番6連発のパワー!
確かな演奏ですね。
Posted by フルフルハウス at 2010年11月22日 23:41
フルフルハウスさん、こんばんは。
ご無沙汰してしまって、すみません。
ブログは、いつも読ませていただいているのですが…

録音、聴いて下さって、ありがとうございます。
いつも のっぺりとした演奏になってしまうので、
ドラマチックなんて言っていただけて、
すごく嬉しいですよ!

一番6連発、は…いや、ほんと、おはずかしい。
機会があったら録り直しをしたいくらいでございます。

本当にありがとうございました!
Posted by にゃんこ at 2010年11月23日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。