2010年07月14日

バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番

ずっと前から、「レッスンで 第1番の第6曲まで上がりになったらやろう」
と 企んでいたのだ。
全曲録音。
…なんて身の程知らずな奴(笑)

録音をするにあたって、勝手に作った決まりは、たったの1つ。
「第1曲から第6曲まで、通して弾く」
録り直しはしない。
例えば 「この曲のここの音程が悪かったから、もう1回やり直そう」 とかは無し。
これをやってしまうと、納得のいく物が録れるまで
毎日々々何度でもやり直し、廃人になってしまうからだ。
一生かかるかもしれないし。

それにしても、全曲通して弾く、となると、もうへとへと。
体力的にも厳しいし、レコーダーのスイッチが入っているだけで
精神的にもへとへと(弱)
あ、そうそう、もう1つ決まりがあった。
「繰り返しはしない」
一通が精一杯。

ということで、毎度のことながら、○日間、計○回挑戦して
一番マトモだったのが、これ。

一番マシなものどうしを繋ぎ合わせれば、もっとマトモな物が
出来上がっただろう。1日に1曲だけ、集中して録音してみる、とか。
でも、やはり 全部通して弾いてみたかったのですよ。
自己満足の世界だ。
…ま、このブログ自体が、自己満足の塊なわけだが(笑)

通して弾いてみて、一番難しかったのが、意外にも?!メヌエットだった。
音程が当たらない。特にハーフポジション。
跳躍が多くて、バス音が思ったように決まらない。
プレリュードは、移弦が嫌い。どうしても、開放弦の音だけ目立つ。汚い。
サラバンドは、重音が苦手。テンポがバラバラ。一所懸命カウントしながら
弾いているのがバレバレ。
クーラントは、何回弾いても、転ぶのが直らない。
アルマンドは、意外と ここがどうしても嫌だ!という箇所が無い。
…だからといって、弾けている訳ではないが。
ジーグは、珍しく 「勢いで何とかなる系」 な気がする。短いし。
ただ、勢いをつけすぎると、突っ込んでしまうのだが(笑)

こんな感じで、私にとっての 「難しい順」 は
メヌエット・プレリュード・サラバンド・クーラント・アルマンド・ジーグ
でございました。
ジーグは、マシ、とか言いつつも、最後だったので、へろっへろだ。

いつか再挑戦するんだもんね!!!!!














クーラント、発表会の時より劣化している気がする…

(レッスン歴 5年)
posted by にゃんこ at 22:00| Comment(6) | その他曲集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通しで演奏というのはなかなかできるもの
ではありません。

すごい、すばらしい。
Posted by SKG at 2010年07月15日 21:34
SKGさん、こんばんは。
いつもありがとうございます!

本当に 「ただ通して弾いただけ」 という感じの演奏になってしまい、
おはずかしい限りです。
後になって聴いてみると、もっとここをこうすれば…と思ったりするのですが
弾いている時は、止まらないようにするだけで
いっぱいいっぱいになってしまいます。
いつまでこんな状態が続くことやら。

Posted by にゃんこ at 2010年07月15日 23:16
 第1番全曲アップ、やったね!という感じです。中ではアルマンドがよかったです。結構ドラマチックで、ところどころのトリルも効果的でした。気持ちよく弾けたのではないでしょうか。
 プレリュードの最後、fis-c-d-c-fis-c-fis-c のところちょっとミスったのはご愛嬌だと思いますが、そのまえの g-a-d-a・・・・のところ、3の指でfisを押さえておくといいと思いました。それでもここは弾きにくいところですね。
Posted by バッカナール at 2010年07月17日 10:52
バッカナールさん、こんばんは。
いつも録音を聴いて下さって、ありがとうございます。

アルマンドのトリルは、この曲を弾くにあたって、勉強のために
何人かのプロの方のCDを聴いてみた時、このように
トリルを入れている方がいらっしゃって、とても素敵だったので
真似しようと思ったのです。
ちょっとドキドキしましたが、弾いていて楽しかったです(笑)
アルマンドは、発表会でも弾きましたし、弾いているうちに
どんどんすきになっていった曲なので、よかった、と
言っていただけて、嬉しいです。

プレリュードの最後は、弾いていて、自分でも
うわっやっちまった、と思ったのですが、後の祭りでした(笑)
Fisを3で、Cを4で取ると、押さえる力が弱くなってしまい、音がぼやけてしまうので
Fisを1、Cを2で取っているのです。
その移動をする時、何故か頭が真っ白になってしまいました。
やはり、本番(?)は、何が起こるかわからないですね。
反省です。
Posted by にゃんこ at 2010年07月18日 21:37
バッハ無伴奏1番のアルマンド、美しいですね!
今まで気付かなかった(忘れてた?)これを機にワタシもレパートリーにしたいな〜と思いましたョ〜。
チェロは長期戦覚悟ですが、体の衰えでだんだん若いときほど指が回らなくなるetc。なので、その辺も考慮して計画立ててくださいね〜??(爆)
Posted by さかい at 2011年06月18日 20:20
さかいさん、こんばんは。
こちらにもコメントをありがとうございます。

アルマンド、私も弾く前はあまり印象に残らない曲だと思っていたのですが(汗)、
練習しているうちにすごく好きになりました。
さかいさんも、ぜひ弾いてみて下さい。
アルマンドに限らず、バッハの無伴奏はどの曲も
弾いているうちにどんどんのめりこんでいきますね。

最近、身体の衰えを実感する出来事が立て続けに起こり
いつまでチェロを弾き続けていられるか、不安に思っているところです。
練習と体力づくりを両立させなくては…(笑)
頑張ります。
Posted by にゃんこ at 2011年06月19日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。