この記事へのコメント
やっちまった、なの?私は、とてもいいと思います。
にゃんこさんが弾くクーラントは、にゃんこさんにしか弾けない!
しかも発表会前でも、こにゃんこくんとの時間を大切しておられて、多分私にはマネできんです。
秋は●番の●ですね。楽しみにしていますよ!
Posted by かいちょ at 2010年05月10日 15:23
バッハを十分楽しめました。そして幸せな気持ちにさせてくれました。
ミスはあったけれど、そのミスのおかげでちゃんと弾けているところがいっそう素敵に聞こえました。(ヘンなほめ言葉?)
トリルや前打音がきれいでした。終わりの方のソラソシ、ソラソド、ソラソレ〜よかったです。ほかにもいいところたくさんありましたよ。

始めのところ、イメージではスタッカートなんですが、長めの解釈なんですね。堂々としたクーラントでした。
Posted by バッカナール at 2010年05月10日 21:20
始めのところスタッカートになっていましたね。m(_ _)m
8分音符3つをレガートに弾いていたのは9小節目ですね。先生の指示だったのでしょうか?
Posted by バッカナール at 2010年05月10日 22:11
>かいちょさん

録音、聴いて下さってありがとうございます。
私にしか弾けないクーラント、だなんて、とても嬉しい褒め言葉です。

こにゃんことの時間…確かに、連休中はそうでしたけれども
その後はかなりピリピリしていましたし、今日は
学校がお休みだったのに、昨日の疲れで一日中ウトウトしてしまい
彼にはかわいそうなことをしました。まだまだです。

次回は、レッスンが順調に行ったら、○番の○あたりに挑戦できるかと思います。
頑張ります!
本当にありがとうございました。
Posted by にゃんこ at 2010年05月11日 00:09
>バッカナールさん

いつも、録音を聴いて下さり、貴重なご意見を下さって
ありがとうございます。

幸せな気持ちになっていただけて、嬉しいです。
ミスはたくさんありましたけれど、最後までテンポで突っ走れたので
まあ良かったのかなあ、と思っています。
トリルは、練習では先生もびっくり、という感じだったのですが(笑)
やはり本番は緊張して、指がもつれてしまいますね。
9小節目は、何故かそうなってしまっていますね。
意識してやっていたわけではないのです。
何故でしょう…?!うーん。すみません。
改めて聴いてみると、おかしいですね。
ご指摘、ありがとうございました!
Posted by にゃんこ at 2010年05月11日 00:14
お疲れさまでした。
なっていうんだろう。丸い輪がつながって最後まで続く感じ。
フレーズ中の音のつながり、始まってキチンともとに帰ってくる感じ。
そんなフレーズそれぞれがつながって最後まで続く感じ。
途中にわずかなためらいも。それはご愛嬌ということで。
勉強になりました。
ありがとうございました。
Posted by マコ at 2010年06月07日 13:27
>マコさん

いつもコメントありがとうございます。

フレーズの繋がりを表現するのは、とても難しいです。
レッスンの先生にも、アンサンブルの指揮者先生にも
輪が回転する感じ、ということをよく言われていたので
それを感じていただけて、良かったです。

勉強になりました、だなんて、勿体無いお言葉
ありがとうございます。
Posted by にゃんこ at 2010年06月08日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。