2008年05月11日

発表会 バッハ・無伴奏チェロ組曲 第1番より メヌエット

とりあえず調弦。無伴奏だから、好き勝手に合わせる。
フラジオで合わせた後、重音で合わせる。まず、C線とG線。次にG線とD線。
最後に、D線とA線…ではなく、A線1指を押さえて、DとHを合わせる、
というズルをやっちゃったよ〜ん…1日経ったから、もう時効だ(早)

一呼吸置いて、落ち着いてから弾き始めた…つもりだったのだけれど、
やっぱりガチガチだ〜!
まさか、4小節目で早速 ギィッ、と言ってしまうとは思わなかった(涙)
この時点で、既にどうでも良くなり気味。
まあいいや、前半は繰り返しありだから、次で上手くやれば。

それにしても、ガリッ、とかキー、とか言いすぎだろ。もう、めちゃくちゃ力入ってるな。
音程も、いつも高めって言われていたのに、低くなっている箇所多数。
力が入っていて、指の間が開かないからだ。
落ち着こうと思うあまり、ここで曲終わりですか?っていうくらい
間があいている箇所もあるし。
結局、教えていただいたことの半分もできなかったな。
ゆっくり落ち着いて、って言われていたのに、今までで一番テンポ速かったしな(笑)


4回目の発表会も、致命的な大事故も無く、何とか終了。
然し、毎回の課題である 緊張感の克服、には ほど遠い。
皆さん、全然緊張していないように見える、と言って下さるのだが
(チェロ先生にも羨ましがられてしまうくらい(笑))、本人は全く
そんなことはないのですがね。どうにかならないのだろうか。

緊張感をコントロールするのは、本当に難しく、場数を踏んで克服していくしかない、と
先生も仰っていたので、懲りずに次回も出させていただこうと思う。


posted by にゃんこ at 22:16| Comment(0) | 鈴木教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。